アプリ間データ転送プラグイン

プラグインの特長

img1.png

アプリ間データ転送プラグインとは

設定画面より、転記元と転記先のアプリを指定し、転記内容(フィールド、テーブル、固定値)の設定を行うことができるプラグインです。転記元アプリにボタンを追加し、ボタン押下で転記先アプリにレコードを追加することができます。転記先アプリの全フィールドに転記する内容を設定画面で設定することが可能となるため、kintoneのアクションとは異なり、固定値の指定や追加まで完了させることができます。

このプラグインを使用することでアプリ毎にデータを入れ直す必要がなくなり、データを一元管理することができるようになります。

ご活用イメージ

顧客管理に必要なデータをスムーズに管理

顧客台帳アプリから見積アプリへ取引条件データを転送したい、受注アプリの商品明細データ(テーブル)を問い合わせ管理アプリへ転送したい、などの場面でこのプラグインをご活用いただくことが可能です。

アプリ間でデータの受け渡しができるため、データのバージョン差が発生せず、スムーズな管理が可能となります。

プラグインの料金

Standardプラン以上のご契約企業様/その他企業様それぞれの料金をご案内いたします。

Standardプラン以上のご契約企業様

費用
無償
(利用プランに含む)

その他企業様

FUプラグインセレクト1
?
kintoneプラグインセレクト1をご利用いただくことで、対象となるプラグインの中から自由に3つまでお選びいただくことができます。
¥60,000
(年額)
FUプラグインセレクト2
?
kintoneプラグインセレクト2をご利用いただくことで、対象となるプラグインの中から自由に6つまでお選びいただくことができます。
¥96,000
(年額)
*税抜き価格となります
*ドメイン単位でのご契約となります。

お気軽にご相談ください