FUプラグインPlus

Googleスプレッドシート出力プラグイン

kintoneの任意項目とデータを指定のGoogleスプレッドシートに一括出力することができるプラグインです。出力後のデータは指定項目をキーとしてkintoneデータを変更した際にはGoogleスプレッドシートのデータもリアルタイムで変更されます。

trial.jpg

最新バージョン

出力シート列・レコード処理数の拡張、設定画面UIの改善

【主なリリース内容】バージョン名:Ver.3.0.0

  • Google認証、一括登録処理の改修、各ボタンの表示・非表示の機能実装(ユーザー設定対応)
  • Googleスプレッドシートへの出力可能列をZZZ列まで拡張
  • Googleスプレッドシートへの一括登録処理レコード数の拡張
  • Googleスプレッドシートへの登録を任意に空白列を差し込めるように改良
  • 設定画面でのマッピングをドラッグ&ドロップ方式に変更しUIを大きく改善
  • <リリース日:2024年4月17日>

    概要/ご利用手順書

    バージョンアップ情報

    プラグインの特長

    <img <img <img

    Googleスプレッドシート出力プラグインとは

    通常のCSV連携では、kintoneのCSV出力後にGoogleスプレッドシートへのインポート作業が必要になります。このプラグインではAPI連携により、kintoneから直接的に、リアルタイムに、自動連携が可能となります。

    <主な機能>

    • kintone一覧画面上の一括登録ボタンでGoogleスプレッドシートへデータを直接出力
    • プラグイン設定画面で指定したグルーピング項目に応じて、データを分割して出力
      Googleスプレッドシートにはグループごとにシートを自動作成
      ※グルーピング項目を設定しない場合には全データが1シートに出力されます。
    • 出力時のダイアログ画面で出力データ件数を確認
    • kintoneデータを新規作成、編集、削除するとGoogleスプレッドシートにリアルタイムに同期(Google認証時のみ)

    機能改修

    簡単操作でkintoneデータを連携

    Ver.3より新しく実装される機能や改修内容
    • Google認証ボタンと一括登録ボタンのアクティブ表示切替による認証識別の改良
    • Google認証の権限付与(ユーザーごとの制限)
    • 一括登録の権限付与(ユーザーごとの制限)
    • 出力フィールド数(スプレッドシートの列数)の拡張
    • 一括登録時の出力レコード数の拡張
    • Google未認証時のkintone更新処理の改良
    • 出力マッピングIFの改良(ドラッグ&ドロップ対応、フィールド検索、出力シート列枠の追加・減数など)
    • 出力の空白列の設定対応と処理(対象のスプレッドシート列を上書きしない処理)
    • プラグイン設定画面のUI改良

    ご活用イメージ

    <img <img <img

    Googleスプレッドシートのダッシュボード

    kintoneに蓄積したデータを、Googleスプレッドシートの豊富な機能を使って加工、集計。 kintoneだけでは見えてこなったことが、新しい切り口で分析することで見えてきます。

    またスプレッドシートに出力する項目は、プラグイン上で設定していますので、 一部のデータだけを切り出して、スプレッドシート上で外部関係者と共有する使い方も可能です。
    マスタやトランザクションなど全てのおおもとのデータはkintoneで一元管理する一方で、 自動連携によってkintoneとGoogleスプレッドシート間のデータ整合性を担保し、 両ツールを効果的に運用することができます。

    便利な機能としては、グルーピング出力があります。プラグイン設定にある「グルーピング項目選択」で選択した項目にある値でグルーピングし、自動的にそれぞれ別のシートに分けてレコードを出力することができます。データのグルーピング作業をあっという間に完了させられます。
    また、空白に指定したスプレッドシート列は一括出力しても上書きされませんので、例えばそのスプレッドシート列に計算式や関数を記述しておけば、kintoneからデータを出力する度に、計算式や関数が自動的に反映され最新の値を得ることが可能です。空白列の設定はプラグイン設定画面上で行いますが、特に制限もなく自由に簡単に設定していくことができます。スプレッドシートの用途や利用シーンに合わせてお使い分けください。
    【右図】E列(空白列指定)に関数CONCATENATEを記述しておき、C列,D列の結合値を反映

    kintoneで管理する様々な業務システムとそのデータをGoogleスプレッドシートに連携することで、さらに活用の幅を拡げていただけます。

    プラグインの料金

    Googleスプレッドシート出力プラグインのご利用料金は以下となります。
    Focus U 利用プラン(Standard以上)をご利用中の方は、料金体系が異なります。
    ※最新Ver3より価格改定を実施し、年間利用料が以下の金額に変更となります。あらかじめご了承ください。

    ご利用料金

    初期費用
    ¥55,000

    +

    年間利用料
    ¥132,000

    Focus U 利用プラン(Standard以上)をご利用中の方

    初期費用
    ¥55,000

    +

    月額利用料金
    無償
    *税込価格となります
    *ドメイン単位でのご契約となります。
    *ご利用には、Googleアカウントが必須となります。
    trial.jpg

    まずは無料トライアルでお試し

    Focus U では、Googleスプレッドシート出力プラグインをはじめ、便利なkintoneプラグインをご提供しています。トライアルを活用し、自社でお使いのkintoneをより活用するためのプラグインを探しましょう。

    無料トライアル申込フォームへ

    document.png

    FUプラグインがまるっと分かる!
    お役立ち資料ダウンロードはこちら

    FUプラグインの機能や概要をご紹介するお役立ち資料を無料で配布しています。

    資料請求フォームへ