工数管理オプション

工数管理オプションをご利用いただくことで、「誰がどのプロジェクトに、どれくらいの時間従事しているか」といったチェックや、プロジェクトの進捗に応じた累積時間のチェックなど、今まで把握しづらかった各プロジェクトの工数が適正かどうかの実態把握が容易となります。

img_easy.png

かんたんな入力だけで、打刻情報と連動

「工数管理オプション」は、社員毎に「どのプロジェクトに対しどのくらいの時間作業をしたのか」を入力することができる機能です。
あらかじめプロジェクトをプロジェクトマスタに登録しておき、社員は登録されたプロジェクトを選択しながら、作業時間を入力していきます。
入力の際は、自分が関わるプロジェクトをすばやく選択できるようになっており、ストレスなく作業時間の記録を行うことが可能です。

入力されたデータは、「Focus U タイムレコーダー」で打刻したその日の実働時間と合わせて、プロジェクトに従事した合計時間としてチェックが可能。
1日の勤務時間を超える作業時間を入力した場合は警告が表示されます。

img_option.png

「工数管理オプション」の主な機能

■ プロジェクトマスタ
プロジェクトマスター画面
作業時間入力画面2 工数管理を行う個々のプロジェクトを登録しておくマスタです。
プロジェクト毎に関わる社員の紐づけができます。

■ 作業時間入力
プロジェクト毎に従事した作業時間を入力します。
自分の関わるプロジェクトのみが表示されるので、入力もらくらく。
1日に複数のプロジェクトに従事した場合にも対応しています。

■ データ出力
入力したデータはいつでもcsvファイルで出力できるので、更に詳細な工数集計資料としての活用が可能です。