お知らせ

Webタイムレコーダーの英語表示による打刻に対応しました

管理者メニュー-「タイムレコーダー管理」の「WEBタイムレコーダーの設定」機能に
「英語設定」の機能を追加しました。

打刻方法で「所属と名前を選択して打刻」を使用している場合に、その端末のブラウザの言語を英語に設定することで、英語表示のタイムレコーダーとしてご利用が可能となります。

これに伴い、出退勤打刻完了時のメッセージの変更や、社員情報管理の設定項目にMr.やMrs.といった敬称選択の項目を追加しています。