kintoneをもっと便利に。課題を解決するシステム開発

kintone導入検討中、または既に稼働中の企業様はもちろん、現行システムからkintoneへのリプレイス検討中の企業様にもご要件をお聞かせいただき、課題解決のためのkintoneソリューションをご提案させていただきます。

img_haraseisakujo_02.png

業務効率を改善するシステム開発実績

■ 営業案件集計システム
 営業部門で変更される受注変動金額の差分データを週次で集計しレポート化

■ 営業案件請求連動管理システム
 営業部門と経理部門とを案件情報をシームレスに共有し請求処理

■ 案件査定歩合自動計算システム
 受注サービス種類、新規・既存など査定基準に合わせて自動的に歩合を計算

■ カリキュラム登録請求連動システム
 会員からのカリキュラム登録(スポット、定期)に合わせて毎月の請求額を自動計算

■ 設計業務収支管理システム
 プロジェクト工程の進捗管理と収支をグラフ化し社内共有

■ 支払業務効率化支援システム
 外部協力会社と案件共有と完了報告をクラウド上で効率的に完結

02 (1).png

ご支援する内容

お客様のご要望をお聞きした上で、以下の開発を行いご支援いたします。
まずは実現したい内容やご要望をお教えください。弊社スタッフが最適な開発方針ご提案いたします。

  • kintoneの開発(JavaScriptプログラム、個別画面の開発など)
  • 基幹システムとの連携
  • クラウドサービスとのAPI連携
  • バッチ処理開発

ご提案から開発までの流れ

STEP1 ヒアリング1 STEP2 ヒアリング2 STEP3 概算見積 STEP4 要件詳細確認 STEP5 正式見積提示 STEP6 要件定義・設計 STEP1 開発・導入 STEP8 保守
打ち合わせ実施
打ち合わせの目的 概要ヒアリング
・ご要望、機能、システム範囲、など
・既存サービス紹介とご要望との適合度合のヒアリング
詳細ヒアリング
・業務フロー、フェーズ、スケジュール感など
・実現方法、開発の要/不要の一時判断
・アプリ構成(案)、想定する連携の確認
※ヒアリングに基づき概算見積を作成し提出 初回要件のヒアリングについて、開発メンバーを交えて詳細を確認。 確認した要件詳細に基づいた正式見積書。規模感によって、要件定義と開発を分けて作成。 要件定義~設計にあたっての詳細打ち合わせ
打ち合わせ参加者 営業担当 営業担当 開発メンバー
営業担当
開発メンバー
(営業担当)
開発メンバー
(営業担当)
保守メンバー
(開発メンバー)
打ち合わせ方法 原則以下の方法にて実施
・現地訪問(東京近郊)またはリモートMTG(上記以外の遠隔地)
原則以下の方法にて実施
・現地訪問(東京近郊)またはリモートMTG(上記以外の遠隔地)
・リモートMTG
※営業担当は状況に応じて現地訪問(東京近郊)
原則以下の方法にて実施
・現地訪問(東京近郊)またはリモートMTG(上記以外の遠隔地)
原則以下の方法にて実施
・現地訪問(東京近郊)またはリモートMTG(上記以外の遠隔地)
保守対応方法は以下
・電話
・メール
・リモート
備考 ※開発規模感により、要件詳細の打ち合わせを数回行います。 ※要件定義を実施しない場合は、この工程をとばし開発に着手します。 ※打ち合わせの回数は開発規模感により変動します。

お気軽にご相談ください