Focus U ブログ

「Focus U」をリリースします。

お知らせ(タイムレコーダー) お知らせ(顧客管理)

業務ソフトに関わって15年ほどが経ちます。
その間、中小企業のIT活用は進み、パソコンで業務を行うことは決して特別なことではなくなりました。
情報の蓄積・集計は、販売管理・会計・給与計算などの業務ソフトを利用すれば容易に行えます。ソフトも高機能となり、選択肢も増えました。

処理できる情報量が増える一方で、新たな課題が出てきています。
それは、積み重ねた情報を正しく「利用」出来ているか、ということです。
情報は、それを一番必要としているタイミングで、必要としている人が知ることで、最大限に活用できます。
ところが業務系の情報は、必ずしもそのようにはなっていないのが現状ではないでしょうか?

例えば、
「今月、誰が営業を頑張っているんだろうか?」
「資金繰りか苦しくなるのは何日?」
「残業が多すぎて体を壊してしまう社員はいないだろうか?」

こういった情報を知りたい人は誰でしょうか?
その人は、いつでも情報にアクセス出来ているでしょうか?

業務ソフトに日常的にアクセスしているのは、その業務担当者です。特に、会計ソフトや給与計算ソフトなどの、限定された担当者だけが関わる業務の場合、そのソフトに触れることの出来る社員はごくわずかです。仮にアクセス出来る権利があったとしても、日常的に操作をする訳でなければ、ほとんどソフトを起動することはないでしょう。
そのようなソフトで蓄積・集計された情報は、いかに有用な情報であったとしても、活用されずに、いつか鮮度を失ってしまいます。
眠ったままの情報、タイミングを逸した情報はほとんどその価値を持ちません。せっかく手間とコストをかけて情報を集めたのに、それでは宝の持ち腐れです。

キャップクラウド株式会社では、
「必要な情報を、必要な時に、必要な人へ」
をミッションにしています。

業務システムの情報利用は、「収集」→「蓄積」→「集計」の先に、「活用」のステップがあって完結します。

今回、自社独自サービスの第一弾として、タイムレコーダーのクラウドサービス
「Focus U タイムレコーダー」をリリースします。
出退勤の情報をリアルタイムで把握できるクラウドサービスです。
詳細については、これから少しずつご紹介していきたいと思います。

Focus U

業務上必要な情報を、一番必要なタイミングで、それを必要としている人のもとに届けるクラウドサービスです。「タイムレコーダー」「給与明細」「顧客管理」「販売管理」に続き、続々サービス計画中です。

最近のブログ記事

カテゴリー

アーカイブ