Focus U ブログ

技術サービス業 弥生販売とkintone

Focus U powered by kintone

今回は、実際のユーザー様の活用シーンの中から、各種印刷物の企画・制作、ステーショナリーの企画・デザインなどをおこなっていらっしゃるユーザー様の事例を紹介します。

もともと、弥生販売の9ライセンスをホスティング環境下で利用していらっしゃいました。業務拡大・営業分析や資料作成のために販売管理情報のデータ分析をおこないたいといったご要望があり、「Focus U 顧客管理」との連携をご検討いただいたケースです。

***

【What's ホスティング?】
普通は会社にサーバーを用意して使うソフトウェアを、会社にそれ用のサーバーを持たずに、クラウド上、インターネット上のサーバーに用意して使う。
ざっくり言うと、「利用するための環境を自社に構築しなくていいよ」ということ。接続が切れたりしないようメンテナンスを自分たちでする必要もありません。

***

ステーショナリーの企画、デザインを主体とするこちらのお客様は、企画商品を在庫しており、営業マンが外出先で在庫の情報を確認することがありました。
在庫を確認するためにはホスティング環境下の弥生販売にアクセスする必要があり、業務拡大のなかで営業メンバーが増えていく一方で、ライセンスコストが問題となってきていました。

営業マンにとって必要な情報は、販売管理ソフトの全機能の中でもほんの一部。そこで「Focus U 顧客管理」と弥生販売を同期させることで、営業マンが必要な在庫などの販売管理情報は「Focus U 顧客管理」にアクセスして確認することで、販売管理ソフトライセンス費用の増加を防止しました。

弥生販売のデータと自動同期させた「売上」「在庫」「商品」「顧客台帳」の情報を「Focus U 顧客管理」でいつでも・どこからでも・スマホやタブレットからでも確認できることで、営業効率もアップ。
さらにkintoneのグラフ化機能などで、データ分析や営業資料の作成も、わざわざエクスポート→エクセルで作業、の必要がなくなり、大幅な時短につながっています。

blog_20170525.png

ユーザープロフィール

<事業内容>

各種印刷物の企画、制作
ステーショナリーの企画、デザインなど

<所在地>

東京都

<会社規模>

従業員数:~50名
資本金 :~1,000万円

課題とその解決

<課題>

ステーショナリーの企画、デザインを主体とする同社では、企画商品を在庫している。営業マンが外出先で在庫の情報を確認するためには、ホスティング環境下の弥生販売にアクセスする必要があるが、増える営業人員に対しライセンスコストが問題となってきた。

<解決>

販売管理ソフトの全機能の中でも、営業マンが利用する機能はほんの一部。そこでクラウド上の顧客管理にデータを同期させることで、販売管理ソフトライセンス費用の増加を防止。

システム概要

<導入製品>

「Focus U 顧客管理」と「販売管理ソフト連携オプション」(弥生販売 ホスティング)

blog_20170525_2.png

<利用部門・用途>

営業部門と制作部門で、商品販売実績と在庫情報の共有・営業マンが外出先で見積と売上の入力・日々の商談を日報に入力し履歴管理

<構築期間>

1.5ヶ月

導入効果

在庫状況を見るだけでなく、日毎の顧客や商品の販売実績を外出先から閲覧しかつ自由にグラフ化できるため、日々現状を把握し営業部内での一体感が生まれている。

今後の拡張・支援

制作部門でのプロジェクト管理を検討中。企画の各工程の予定と結果、日程の変更など全体の履歴を残すことで以後の企画へ活かしていく方針。

Focus U

業務上必要な情報を、一番必要なタイミングで、それを必要としている人のもとに届けるクラウドサービスです。「タイムレコーダー」「給与明細」「顧客管理」「販売管理」に続き、続々サービス計画中です。

最近のブログ記事

カテゴリー

アーカイブ