活用シーン1 弥生販売と連携した案件管理

  • 課題
    受注後の案件情報が可視化
    できていない
    日々案件を追う営業部門にとって、受注までの案件管理はしっかりできているのに、受注後の請求や入金、案件個別の収益を把握できる仕組みがない、という話を非常によく聞きます。
  • 解決
    ①弥生販売と連携し
     データ一元管理
    ②売上・仕入から入金まで
     全体を可視化するレポート
    受注までの営業プロセスと、受注後入金までの弥生販売のデータを顧客コードをキーとして結合し管理することで、顧客や当該案件のあらゆる情報を見える化することができます。
  • 効果
    ①収益や案件全体プロセスへの
     営業門の意識向上
    ②部門間での情報交換の効率化
    会社全体として収益に対する意識が向上する点や社内での業務効率化によるコスト削減効果など副次的な要素があります。システムの運用経過に伴い、これまで部門が限定されていた弥生販売のデータを営業部門に展開することで得られる、データ活用の波及効果も期待できるでしょう。
【データ構成イメージ】
データ構成イメージ図
【画面イメージ①】
画面イメージ図1
【画面イメージ②】
画面イメージ図2

活用シーン2 コールアカウントを履歴と依頼元で管理

  • 課題
    ①架電業務の架電リスト共有が
     複数拠点でできてない
    ②既存システムのDBが
     複雑化している
    既存システムでの管理データが肥大化し、運用上複雑になり稼働していない。主な原因としてコール依頼元とリストの紐付、検索条件設定に問題を抱えている。
  • 解決
    ①コールアカウント情報の
     webフォーム登録と蓄積
    ②ディレクトリ型の
     条件抽出画面の構築
    架電対象となるコールアカウント情報は当人がwebフォームから登録することでDBに蓄積される。依頼元の条件に合った対象に架電を行い、その結果履歴と依頼元案件とを紐付けて管理。
  • 効果
    ①架電結果の月次レポートを
     依頼元と共有
    ②ステータスに応じた自動的な
     アクション
    コール履歴データのストックにより、これまで手作業で行っていた月次レポートを瞬時に作成し、依頼元に展開できるようになった。一方、コールアカウントに対しては、設定条件に応じたステータスに応じて自動的にメール配信を行うことで、対象者へのフォローや満足度の向上を図っている。
【データ構成イメージ】
データ構成イメージ図
【画面イメージ①】
画面イメージ図1
【画面イメージ②】
画面イメージ図2