CTI

「CTI」とはメリット特長主な機能利用料金適応業種

「CTI」とは CTIのイメージ画像 「CTI」=「Computer Telephony Integration」 電話とコンピュータシステムを統合する技術の略称です。
「Focus U」CTIオプションを導入すると、電話がかかってくると同時に着信時専用画面がポップアップされ、顧客情報を瞬時に表示させることが出来ます。
誰からどこへ(※)かかってきたのか瞬時に把握し電話に出ることができます。
更に詳しい情報が必要であれば、クリックひとつでkintone上の顧客台帳(「Focus U 顧客管理」の画面)へ遷移、対応履歴や売上情報など、お客様の詳細情報を確認することが可能です。

※複数の電話番号をお持ちの企業様にもお使いいただけます。

メリット 電話対応力アップ

特長 データ連携 「Focus U 顧客管理」の情報をそのままCTIで利用することが出来ますので、CTI導入時に改めて顧客データを整備する必要はありません。すぐに利用を開始することが出来ます。

クラウドによる情報共有 ウェブブラウザがあれば、どんな端末からでも着信情報を確認できます。またクライアント数の制限がないので、社内、店舗、外出先、さらには自宅と、あらゆるシーンで着信情報にアクセスでき、情報を共有できます。

設置が容易 電話交換機(PBX)の交換が必要ありませんので、低コストかつ簡単に設置をすることが出来ます。使用する機器はコンパクトサイズで場所を取りません。

主な機能 着信時ポップアップ 登録済み顧客から電話がかかってきた際、誰からどこへかかってきているか?瞬時にポップアップ表示させるため、お客様のお名前を呼びながら電話に出ることも可能です! 「○○様、いつも△△のご利用ありがとうございます!」「お久しぶりです○○様、お電話ありがとうございます」 このような一言の工夫が、お客様の心をグッと掴みます。

同時着信時のお客様情報表示 複数の電話が同時にかかってきた場合にも着信情報を表示。 かかってきている電話番号とお客様名を一覧で表示させるため、誰から電話がかかってきているのかがパッと分かります。

着信先の電話番号表示 会社の代表電話番号や問合せ用の電話番号、予約専用の電話番号など、電話番号が異なる場合に、どの電話番号にかかってきているか表示されます。

電話番号グルーピング お客様が複数の番号をお持ちの場合(例えば自宅と携帯など)、同じ人から異なる電話番号で着信があっても、ひとつの顧客情報を表示できます。

着信履歴の検索とダウンロード 着信履歴をキーワード検索できます。また、CSV形式で一括でダウンロードすることも可能です。

迷惑電話チェック インターネットに公開されている最新の迷惑電話情報を毎回自動でチェックし、該当すれば画面でお知らせします。 自社で登録した迷惑電話(ブラックリスト)もチェック可能です。

利用料金 利用料金 初期導入費用100,000円(税抜)+月額9,800円(税抜)※外線番号2つまで、5回線まで

適応業種 飲食店、生花店、学習塾、工務店、リフォーム業、人材派遣会社、士業(税理士、弁護士、司法書士、社会保険労務士)、カイロプラクティック、歯科クリニック、眼科クリニック、ネイルサロン、エステサロン、美容室、不動産管理、自動車販売業、自動車整備業、引っ越し業、小規模製造業、IT企業、OA機器販売、人材派遣、空調整備、美容品卸、介護施設、小規模コールセンター、NPO法人、結婚式場、フォークリフトレンタル、旅行代理店、刺繍屋、ペットショップ、動物病院、広告代理店、ゴルフ場、神社、マッサージ店、研究所、老人ホーム、内科クリニック、治療院
その他、電話での顧客対応を重要視する業種全般

導入効果一例 美容業界では…来店サイクルのほか、髪質や肌質といったお客様固有の情報を共有することで、顧客離反率半減・新規からリピーターへのランクアップ率上昇

学習塾では… 事務アルバイトの教育コスト削減・電話対応力アップで生徒の保護者からの信頼度アップ・退塾者への対応もスムーズになりクレームや低評価レビューの減少

議員事務所では… 支援者から電話をいただいた際に、地元の情報や以前の会話などで支援者とのコミュニケーションを充実させることができる

ホテル業では… クラブの会員から電話をいただいた際にお待たせする時間がなくなった・以前のご利用状況などがわかり誰が受電してもスムーズな対応ができる・対応の良さが評判となり会員が増える

ゴルフ場では… 会員の利用状況などから人数把握や予約作業が素早くできる・対応の良さから会員離れが減少