株式会社プラティコ様

株式会社プラティコ様の写真1
株式会社プラティコ様ロゴ画像 株式会社プラティコ
http://pratico-henna.jp/
〒201-0005 東京都狛江市岩戸南2-2-24
事業内容(HPより抜粋)
ヘナの製造と販売。
ストレート、パーマ剤、シャンプー、トリートメント等、美容室専用品の化粧品、医薬部外品の製造と販売。

株式会社プラティコ

代表取締役社長 白石 崇氏
営業部 次長 佐々木 麻理氏
営業部 小川 俊彦氏
へ、弊社代表の萱沼との対談を交えてお話を伺いました。

<< 目次 >>

何かいい方法はないか?と常々問い合わせをしていたときに、クラウドシステムを開発中とのご案内をいただいた スタンドアロン版を全員分買って、全員が同じデータを入れ直して使うという、とても手間のかかる事をやっていた 最初デモ版をお持ちいただいた時、正直これでは厳しいかな?と思っていた iPadで、外出先からアクセスしてデータをチェックするのが簡単になりました iPadなどを使ってネットワーク化。アプリを作って動画の活用。CTI連携も導入したい 売上をもっと上げていきたい。3年で倍くらいにしたいです 最後に
何かいい方法はないか?と常々問い合わせをしていたときに、クラウドシステムを開発中とのご案内をいただいた
~どのような経緯で「Focus U 顧客管理」をお知りになりましたか?~
株式会社プラティコ様の写真2

<佐々木氏>
元々、弥生販売・会計を購入するにあたって、見積もりを何社かに依頼しました。
その中で一番安く且つ迅速に対応いただけたのが、御社だったんです。
まずは弥生販売のディーラーさんとして、お取引を始めたのがお付き合いの始まりだったと思います。

その後、問い合わせや保守更新の対応時等々で非常に良くしていただいた中で、御社に何かいい方法はないか?とメールで常々問い合わせをしていたところ、社内でクラウドシステムを開発中です、というご案内をいただいたのです。ただ概略はまだお伝えできない…と。
その後、萱沼社長より「顧客管理のシステムが完成しました。」とご連絡をいただき、ご来社頂いたのがサービスを知った最初のきっかけです。

何がすごいかというと、開発がまだ終わっていない段階から、少しずつ情報を小出しで頂いていたのが非常に心を揺さぶられたところでした。
丁度その時他社さんから別にご提案をいただいていたこともあったので、これがもし、急にこういうシステムができました、といきなりご案内いただいていたら…導入するか解らなかったです。
これは御社から、ずっとご連絡を頂いていたのが大きかったと思っています。


スタンドアロン版を全員分買って、全員が同じデータを入れ直して使うという、とても手間のかかる事をやっていた
~サービスを導入する前にどのような問題点や課題がありましたか?~
株式会社プラティコ様の写真3

<佐々木氏>
当時弥生顧客を営業活動の情報元として使用していたのですが、弥生顧客がスタンドアロン版だったので、営業が電話をかけて、それをみんなで情報共有したいとなると、スタンドアロン版を全員分買って、全員が同じデータを入れ直して使うといったとても手間のかかる事をやっていました。それで流石に困ってきてはいまして…。

あとはメーカーさんのサポートの対応にも少し不満はありました。会計・販売・顧客というラインナップで販売しているにもかかわらず、顧客の質問に販売の担当は答えられない。私共のやりたいことは、販売と顧客の連携なのに、これに関する知識が分断されていて上手い使い方ができないんですね。顧客自体も使いこなせればいいのでしょうけど、販売との関連性が上手く取れないもので、非常に処理がややこしくなっていましたし、構築も大変だということで総括してご提案いただくことはできないか?と御社に持ちかけていました。

弥生顧客単体では項目が自由に作れるといった拡張性はよい面でしたので、弥生顧客のいいところを残したようなシステムがあるといいな、という思いがありました。

萱沼社長からお話を頂く前に、まるまる自社でシステムを作ってしまおうか?
という話も社内でありました。

フリーのシステムエンジニアの方に見積もりしてもらったところ、250万と言われました。
これから自社が成長していく中で、250万という先行投資は難しい。
そんな中、月々の費用でやっていけるというご提案はものすごく期待感がありました。

<萱沼社長>
どうしても1社対応で作りこむことになると、やはり金額の桁が違ってきてしまいますね。
250万が高いか安いかで言うと、ひょっとしたら高くはないかもしれない。
やはり、その会社にあった仕様でやっていただける一方で、もし不具合修正や機能追加をしようと思ったらユーザーさん一社でその費用を負担しないといけないですし、あとは技術的な進歩があったらそれにも対応していかなければいけない。こうして考えると結構新たな悩みが出てくるものです。

「Focus U 顧客管理」の仕組みは、パブリッククラウドという言い方をするのですが、kintoneというプラットフォームを使うことで、もし使っている人がここっておかしいなと思えば、すぐに改善が入ります。新しい機能改善もどこかの1会社だけが負担する訳ではなく、みんなでシェアしながらです。そういった意味で上手く活用していただきたいと思います。

<佐々木氏>
そうですよね。クラウドってみんなで成長できますよね!

<萱沼社長>
顧客管理は出来上がったときにはもう既に不満が芽生えたりするんですよね。「あれ入れておけばよかった」といった話になったり…。
ましてや業務が成長していくにつれて、やりたい事や入力していきたいことも徐々に変わってきますし、それにあわせて機能も付け加えていきたいので。だから我々としては「Focus U 顧客管理」を「育てる顧客管理」と言っているのですが、導入はゴールではなくて、スタートラインに立つという意識で。こういうニュアンスはお客様側もお持ちだと思うので、その点はこれからも共有したいなと思っていますね。

<佐々木氏>
それって、非常に有り難いですね。


最初デモ版をお持ちいただいた時、正直これでは厳しいかな?と思っていた
~サービスを選択した理由、決め手はなんでしたか?~

<佐々木氏>
最初デモ版をお持ちいただいた時、正直これでは厳しいかな?って思っていたんです。 起動が遅かったり、開かなかったり・・・等々散見されたのです。でもこういう事ってできますか?という千本ノックのような、多くの質問に対し、応えていただけました。「すべて、できるようにします!」と。

<萱沼社長>
仕様上出来ないものは、ちゃんと「それは無理です」と言いますよ(笑)。


iPadで、外出先からアクセスしてデータをチェックするのが簡単になりました
~サービスをお使いになってからの効果や大きく変わった点はありますか?~
株式会社プラティコ様の入口の写真

<小川氏>
大きく変わったところは、インターネットにつながっている環境なら、どこからでも顧客情報や対応履歴がチェックできる点ですね。
外出している営業は、今まで社内の様子が分からなかったのが、どこのお客様から電話がかかってきた、といった把握が簡単になり、外出先からお客様に連絡がすぐにできる、また情報を引き出せる、というのが素晴らしいと思っています。

<佐々木氏>
スタンドアロンだったのが、ネットワーク化したのが非常に大きいです。なんと言っても即時性が高い!
以前なら入力はメインPCを1台決めて、csvファイルでデータを書出し、翌日にチェックをしていました。
例えば、営業があるお客様についてコメントをしたとします。営業はそれをメールで入力担当者に送り、それを入力担当者が時間を見つけて入力するといったタイムラグが発生していました。でも当時はこれが最善の方法だったんです。

今では、営業がお客様へ電話対応しながら、その場ですぐに入力できています。もし1分後にお客様から連絡があっても全員で対応できる訳です、これは非常に大きいです!
また以前なら営業サイドから、こうしたいと要望があっても対応できなかったのが、すぐに要望に対応できる。売上の管理もできるようになりました。今後、機能の拡張を無限に広げていける点も大きいですね。
コスト的にも、人力での入力だと人件費がかかるのですが、サービスの月額でペイできてしまいます。
実質コストダウンすることができました。

<萱沼社長>
営業の方が外出されるときは、PCをお持ちになるのですか?

<小川氏>
iPadです。外出先からアクセスしてデータをチェックするのがとても簡単になりました。


iPadなどを使ってネットワーク化。アプリを作って動画の活用、CTI連携も導入したい
~今後、ITでどういったことを効率化したいですか?~

<小川氏>
在庫管理を弥生販売で行っているのですが、在庫の管理とかもiPadなどを使ってネットワーク化したいですね。
これから会社が大きくなっていくと、だんだんと管理しづらくなってくると思うので。
いまどれくらい出荷されているか?といった情報が営業さんでも把握できるといいと思います。

<佐々木氏>
美容師さん向けの技術指導があるので、アプリを作ってクローズドな環境下で動画の活用とかも今後していきたいですね。

<萱沼社長>
CTI連携も近々対応する予定です。今後は電話がかかってきたら、お客様の初期項目が表示される。そこにはURLが表示されていて、詳しい情報を確認したいときはそこをクリックするとそのお客様の詳細情報が表示されるようになるので、組み合わせで使っていただくとより効率化できると思います。

<佐々木氏、小川氏>
はい、ぜひCTI連携も導入したいと思います。


売上をもっと上げていきたい。3年で倍くらいにしたいです
~今後の展望をお聞かせください~
株式会社プラティコ様の写真4

<白石社長>
会社大きくしていきたいということでサービスを導入したので、効率化を図って、売上をもっと上げていきたい。3年で倍くらいにしたいです!

<萱沼社長>
我々はシステムでお力添えできればと思っています。


最後に
~PRをお願いします~
株式会社プラティコ様の商品画像

<佐々木氏>
弊社の特長としてはどちらかというと、大手メーカーさんとは違うところで攻めています。
大手メーカーさんとのおつきあいをしている美容師さんも多いのですが、そういった中でも美容師さんが技術的に面白い商品だと思ってもらうと、不思議と採用していただけるんです。
それには信用も信頼もしていただかないといけない。

だから商品はすごく真面目に作っています。
うちの商品は「真面目」シリーズといって、「真面目なミネラル」とか「真面目なストレート」とか。
商標もちゃんと取得しています。
そういった意味ではこれからも真面目に、正直にやっていきたいと思っています。